×

CATEGORY

HOME»  高岡塗と技法

高岡漆器の歴史と技法

歴史

歴史
歴史

高岡漆器は慶弔14年(1609)二代目加賀藩主前田利長公が高岡城を築き武具や箪笥、膳などを作らせたのが始まりです。
その後中国から堆朱堆黒などの技法が伝えられ、彫刻塗、錆絵、螺鈿、存星など多彩な技術が生み出されました。
これらの技術は高岡の祭礼に引き廻される絢爛豪華な御車山に集結されるなど町人文化の中にしっかりと根付き、発展してまいりました。

高岡漆器の技法

彫刻塗(ちょうこくぬり)

彫刻塗(ちょうこくぬり)

彫刻塗は江戸中期に活躍した名工「辻丹甫」の技法を元祖としており木彫、堆朱、堆黒などによる雷文や亀甲の地紋の上に、草花や鳥獣、青海波、牡丹、孔雀などを彫り出したものが多く、立体感と独特の艶があるのが特徴です。
この技法は19世紀はじめ、板屋小右衛門らに受け継がれ現在、高岡の彫刻漆器は色漆による色彩技法や皆朱塗などによって再現されています。

青貝塗(あおがいぬり)

青貝塗(あおがいぬり)

青貝塗とは「鮑(あわび)」「夜光貝」「蝶貝」「孔雀貝」などを薄く削った青貝と呼ばれる材料を使い、三角形や菱形の細片を作りそれらを組み合わせて山水や花鳥などを表現する技法です。
貝を細工していくことを総称して螺鈿(らでん)といい、一般的には約0.3ミリ厚の貝を使いますが、高岡漆器では0.1ミリ厚の貝も使い細工していきます。

勇助塗(ゆうすけぬり)

勇助塗(ゆうすけぬり)

勇助塗とは江戸末期、初代石井勇助が当時、唐物として珍重されていた中国明時代の漆器に憧れ、その研究を重ね生み出した漆器の技法です。
特徴としては唐風の雰囲気をもつ意匠に花鳥、山水、人物などの錆絵を描き、青貝、玉石、箔絵などを施す総合的な塗りの技法です。
茶盆、器物など格調高く、繊細かつ趣に富んだ作品が県内外から高い評価を得ています。

CONTENTS

CATEGORY